記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オノマリコの演出日誌 その6

25日はお昼のみ、稽古。「わたしのお父さん」チームです。
台本を覚える期限でした。

ちょっとアップ。その後稽古。
2012-02-28 21.44.40
小田さやかさん

写真撮るの忘れがち。思いだしたら突然撮るから、いつもぶれぶれですみません。
あ、オノマの稽古日誌、ちょっとネタバレあります。ちょっとですが。
本番までネタバレ嫌だなってかたはご注意ください。


さて。
なんとなく舞台とセットを決めて、頭からシーンをやっていく。
舞台は美術さんと相談ですが、今のところは箱を二つ置いたのみ。
で、台詞ですが、、、

みなさん入ってました!ばんざい。

そりゃまあ、ちょっとあやふやとかはありましたが。でもこれなら期待できるわ。安心。
#1から#5までシーンをあたる。
「稽古だっ!」と浅見さんに言われる。稽古だよ。
#2の戸谷ちゃん小田さんがかわいい。リリカル。
#5では本当に鳥葬をするのですが、ここはいろいろ試してみないといけないみたい。

そして時間あっという間。この次は会場となるSTスポットで稽古です。

三人芝居では、人の配置って大事だなぁ。
どこに誰がいるか、たとえば二人の会話シーンで三人目がどこにいるか、それによってシーンの印象がえらく変わります。
三人がそれぞれ対立している。でも癒着もある。そんな三人芝居だから。
もっと私は台本を読んだ方がいいみたいです。
自分で書くと、やっぱり読みが雑になりやすい。それは作家のオノマリコさんに失礼だ。
書いたからって全部わかるわけではないのです。
よし。台本。台本。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。