記事一覧

オノマリコの演出日誌 その7

27日。会場となるSTスポットにて稽古。

初回の稽古もSTでしたが、そのときとちょっと平台の置き方とか、照明がちがっていて、今日のほうが好きでした。
気持ちのいい空間ってありますよね。
まあ初日は緊張もしていたけれど。

しかしうっすら頭痛のするオノマリコ。

会場を借りる一時間前に美術の美夏さんと打ち合わせ。
美術のことと、衣装のこと。
木のプランと糸のプランどっちもおもしろそう。
衣装の色味は大体決まる。
美夏さんの持ってるカラーチャートでは「三月~」は「ナチュラル」のチャートの明るいほう
「わたしのお父さん」は「都会」の明るいほうでした。これ、わかるかしら。

・今日のメニュー
身体の遊び時間
空間を歩く
ダイアログ
「三月十一日の夜のはなし」稽古
「わたしのお父さん」稽古

スタッフさんがいらっしゃいました。
前述の美夏さんと、照明の南さん、音響の碧さん、美術や制作の佐々木さん。
スタッフさんがきて急に場が華やかに。
戸谷ちゃんが「スタッフさんがおしゃれすぎる」って言ってましたが、たしかに。みなさんポップでかわいい。

アップあと、「三月十一日の夜のはなし」稽古。
それまで二人だけで稽古してたのに、いきなり公開稽古みたいになってあわてる。
なにこの感じ。
まりえさんも落ち着かなくなってる。
台本は持つことにして、頭から終わりまで止めながら通す。
空間と合うか、チェック。
秘密兵器の○○、いいんじゃないかしら。

「わたしのお父さん」稽古。
新しいテキスト追加。ちょっとだけだけど、いいんだと思う。
#4の浅見さんパートを初演のようにやってもらう。戸谷ちゃんがやりやすい、と。
そう、時々思うのですが、初演やっておいてくれたからやりやすいんです、わたし。
ありがとう、米沢絵美。←初演の演出

そのあとスタッフ会議、兼顔合わせみたいな飲み会。
427681_118104044985763_165574484_n.jpg
美術の美夏さんと、ピザもつ戸谷ちゃん

楽しかったぁ。ビールのみました。
美術はまだ二転三転しそう。衣装はほぼきまり?
照明は大まかにイメージ伝える。そらーとか言う。
音響も大まかにイメージ伝える。とりーとか言う。
光音あわせてできる日が楽しみです。
もう一回いいます。楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント