記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オノマリコの演出日誌 番外編

2日。
今日は中野です。中野、ひさしぶりです。
趣向は神奈川の団体なのに、どうして中野に来たのかオノマリコ。

斉藤まりえさん、スタッフの佐々木さんとともに、中野の裏通りへ。
そして

mitame1.jpg
あ、まりえさんたらお酒のんでー

mitame3.jpg
あ、おいしそう。でもなー、昨日まで頭痛だったし。。

mitame1.jpg
リコさん、いいからのみなよ

というわけで、飲み会をしました。



嘘です。

これ、取材です。

「三月十一日の夜のはなし」のモデルになった居酒屋さんなのです。


「三月十一日の夜のはなし」は
2011年の夏ごろ、オノマリコが中野の居酒屋さんで伺ったお話がもとになっています。
夏ごろは「あの日、なにしてた?」という会話が多かったですね。
オノマもよく聞かれましたし、聞きました。
その居酒屋さんの洋子さん(オーナー)は、
地震のとき、ちょっとだけ、個人的にだけどいいことがあったと言っていました。
それが印象的で、一晩で書いちゃったのが「三月十一日の夜のはなし」です。

mitame4.jpg
洋子さんと旦那さん。
上演することをお伝えして、チラシも置いていただきました。

ちいさなお店。八丈島料理やお酒がおいしいです。
お塩が何種類もありました!
わいわい飲みたい方におすすめ。
中野の劇場(ポケットとか)のちかくなので、観劇通の方もぜひ!

酔い処 みため
03-3382-5213
東京都中野区中野3-22(中野駅から徒歩6分)



mitame2.jpg
カラオケもあります!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。