記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【奇跡の年】ポストパフォーマンストーク開催 


「奇跡の年 ANNUS MIRABILIS」1月11日(日)の昼・夜の各公演で
PPT(ポストパフォーマンストーク)を開催することになりました!


ゲストをお招きしてオノマリコと、上演後20分ほどお話をさせていただきます。
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
① 1月11日(日) 14:00 回
 トークゲスト 森 一郎

 哲学者。東京女子大学教授を経て、現在 東北大学大学院情報科学研究科教授。
専攻は哲学・西洋近現代哲学史(ニーチェ、ハイデガー、アーレント等。)
著書に、『死と誕生 ハイデガー・九鬼周造・アーレント』(東京大学出版会、第21回和辻哲郎文化賞受賞)等。
 2013年に出版された『死を超えるもの 3・11以後の哲学の可能性』(東京大学出版会)は、
ハンナ・アーレントの哲学から「自然」と「環境世界」の対立や、原子力等 宇宙的なエネルギーについて考察されており、『奇跡の年 ANNUS MIRABILIS』を書く上で大きな影響を与えている。 

② 1月11日(日) 19:00 回
 トークゲスト 稲葉 賀恵

 日本大学藝術学部 映画学科 監督コース卒。2008年文学座附属演劇研究所入所(48期)。
2011年、研修科2年の時に太田省吾の『棲家』を勉強会として上演。
その後、文学座では鵜山仁、髙瀬久男、上村聡史、外部では青木豪などの演出助手を務める。
座員に昇格した2013年4月、若干26歳で『十字軍』にて文学座公演初演出。
その他の演出作品に、日生劇場ピロティリーディング公演『マリアナピネーダ』など。

 2015年2月、趣向次回作『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』の演出が決定している。
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
まだ、観劇日を決め兼ねていらっしゃるお客様。
PPTも是非ご一緒に御楽しみください。

いよいよ今週末に迫った本公演。
皆様のご来場を、お待ちしております。

☆ご予約フォーム☆
https://www.quartet-online.net/ticket/kisekinotoshi
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。