記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校演劇サミット2014 と 高校生によるオノマ作上演のお知らせ

今年もやってまいりました。高校演劇サミットのお知らせです。

高校演劇サミット2014

【参加校】
・暁星高校(東京都中央地区)『アブラカタブラビリケンケンチャンラミパスラミパスルルルルルー』
 作:暁星高校演劇部
・成蹊高校(東京都多摩北地区)『井の頭八景』
 作:宮本浩司(顧問)+演劇部  潤色:オノマリコ(趣向)
・甲府南高等学校(山梨県甲府市)『秘密の花園』
 作:中村 勉(顧問創作)

【公演日程】
2014年3月27日(金)▷3月29日(日)
3月27日(金) 16:00- ★プレビュー公演
3月28日(土) 13:45-
3月29日(日) 12:45-
*詳細は上演校・タイムテーブルをご覧下さい。

【会場】
こまばアゴラ劇場
東京都目黒区駒場1-11-13
TEL.03-3467-2743

【料金】
1日券=3,000円(3演目)*高校演劇の魅力が凝縮!の1日券がおススメです。
1演目券=1,500円

★プレビュー公演
1日券(3演目)=2,500円
1演目券=1,000円
高校生1日券(3演目)=500円 *要学生証提示
オンライン予約→http://www.seinendan.org/

詳細はこちら→http://summit.koko-engeki.info

今年も脚本潤色をさせていただいております。
成蹊高校演劇部の作品は、地区大会で拝見して印象的だったので
そちらに今回参加させてもらえることにご縁を感じています。
地区大会の講評でも言ったんですけど、台本や、舞台美術や衣裳など、
とても大人っぽくセンスが良くて、そこが個性的な演劇部です。
吉祥寺を舞台に高校生や中学生が街を歩きながら、変化していくお話。
潤色では「街が変わっていくこと」の描写に重点をおきました。

それとサミット、今年もフライヤーがかっこいいです。
プロデューサー林さんとディレクターの田中さんの対談がのっています。
フライヤーの対談の続きは、高校演劇サミットの当日パンフレットに掲載されるそうなので、ぜひ劇場でご覧くださいませ。


そして続いて、昨年サミットで参加させていただいた精華高校さん卒業公演のご紹介です。
精華高校演劇部卒業公演
日時:3月20日(金)15:00〜20:30
会場:堺市立東文化会館(南海電鉄高野線 北野田駅 直結)
演目:
淀川工科高校「贋作マクベス」15:00-
精華高校男子チーム&桃谷高校演劇部「男子校にはいじめが少ない?」16:30-
精華高校女子チーム「解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話」18:30-
※入場無料
詳細は精華高校演劇部のブログでどうぞ→http://blogs.yahoo.co.jp/seika_drama/12834262.html
男子女子でオノマリコの「男子校〜」と「Q体」を上演していただきます。
「男子校〜」は作曲もしてくれています。
「Q体」はリーディング公演を経て、どんな作品になっているか楽しみです。


そしてもう一校!
茨城県の東海高等学校演劇部さんが「男子校にはいじめが少ない?」を上演してくださいます。
県北地区高校演劇第3回春季フェスティバル
日時:3月28日(土)・29日(日)
会場:多賀市民会館大ホール
※入場無料
東海高等学校さんの出演は29日の9:30からのようです。
詳細はこちら→http://www.net1.jway.ne.jp/hccfound/h26-fes.pdf

まだ神奈川と岩手でしか上演していない「男子校〜」の台本にお声がけくださったことが嬉しいです。
残念ながらオノマは見には行けないのですが、どんな上演なのかとても気になっています。神奈川から応援しております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。