FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オノマリコ共同製作】精華高校演劇部『大阪、ミナミの高校生3』

三作目です。『大阪、ミナミの高校生3』
minami3o.jpg

『大阪、ミナミの高校生3』
精華高等学校演劇部 HPF 2018参加作品

日時:2018年7月21日(土)
    開場:18:00/開演:18:30
会場:一心寺シアター俱楽
    (〒543-0062 大阪府大阪市天王寺区逢坂2−6−13 B1F)

作・演出:オノマリコと精華高等学校演劇部

出演・スタッフ
精華学園精華高等学校演劇部
 渥美一稀
 木野博貴
 田村恭子
 辻川慎太郎
 藤原樹訓
 松尾絵里
 
 石岡立己
 温井 茜
 
 勝山 光
 北家真穂
 来海柚乃
 谷川萌香
 戸田瑞樹
 仁志菜々海

舞台監督補 :兵頭拓磨
顧   問:小松陽介
主   催:HPF実行委員会/大阪府高等学校演劇連盟

minami3u.jpg

◆入場料
中高生500円 一般1,000円
★:事前予約は承っておりません。開場は18:00予定。劇場定員を超えるご来場は入場をお断りする場合もございます。
★:中高生の方は受付にて学生証の提示をお願いいたします。
★:未就学のお子様はご遠慮いただいております。
★:上演時間は約70分を予定しております。上演後にポストパフォーマンストークがございます。
★:聴覚障害をお持ちのお客様に、事前に台本をお送りしております。
  精華高等学校演劇部(小松):komao9684@yahoo.co.jpまで、お名前とご住所をおしらせください。


◆あらすじ
姉のマリーがとある事件に巻き込まれて以来、トムは心が動かない毎日を送っていました。ある日、友人のマークに連れられて、演劇部の二人の姉妹、内気なローラと明るいジェニーに会います。トムは二人に、マリーに何が起きたのかを聞かせます。「鮫に食べられた女の子」のお話を。

■「大阪、ミナミの高校生」とは?
劇作家のオノマリコが、精華高校演劇部員へインタビューを重ねながら構成していく作品シリーズ。2016年『大阪、ミナミの高校生』では「わたしの好きな場所」、2017年『大阪、ミナミの高校生2』では「恋とはどういうものか」というインタビューから作品を立ち上げた。三作目の今作では「わたしの一日/三十歳のわたしの一日」を部員それぞれが演じ、創作へと繋げている。

■精華高等学校演劇部
ブログ:https://blogs.yahoo.co.jp/seika_drama
Twitter:@seika_drama

■お問い合わせ
TEL:072-234-3391 (精華高等学校 演劇部顧問 小松まで)
MAIL: komao9684@yahoo.co.jp


-----

精華高校演劇部と関わって5年目、ミナミの高校生が3年目。
それまでは学生と関わる機会がなかったので、年下の人をそんなに意識していませんでした。
数年一緒に過ごさせてもらって、ほかの学校でも学生さんたちに関わらせてもらって、
自分にはこんなにたくさん弟たちや妹たちがいたんだという気持ちです。
愛情を持ったっていうことではなくて(愛情あるけど)、
同じ国に生きて、同じニュースを見て、音楽やアプリやアニメの流行を共有していて、
同じ政治や倫理の影響を受けてきた、そんな子たちがたくさんいて、
わたしたちは確かに共同体なのだと知った、そんな気持ち。

弟たちや妹たちには、多少不健康でも、ユーモラスに生きていってほしいです。
そんなわけで、『大阪、ミナミの高校生3』、見に来てくださいね。 (オノマリコ)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。